2006年07月

釣果報告5

夜中は雨模様だったが、朝には雨は上がってどんよりとした曇り。風・波はほとんどなく釣れそうなコンディション。よし!先週のリベンジ!やる気満々のKYさんと11時半に気合を入れて出航!狙いはもちろんマルイカ。名島周辺は少し霧も出ていたがベタ凪。さっそく鳥居横からやや沖目の12mラインに仕掛けを降ろすと、1投目からアタリ。胴長20cmクラスのマルイカちゃんが顔を出した。「これはいるぞ!」とKYさんもしゃくりを入れるとあっけなく1荷。早速アンカリングしてその後30分もしないうちに25cm-15cmクラスを15匹くらい上げた。今日のマルイカはエロチカ7のピンク・オレンジ・ブルーなどまんべんなく当たっていたので、非常に活性が高いようだ。イカの群れらしい魚探反応もくっきり。ほとんど入れ食い状態となったが、バラシも多く、群れの中でずいぶん墨も吐かれてしまい、反応はあるがだんだんアタリが遠のいてきた。ポイント移動し粘ればもっと追釣できたのは間違いないが、これだけキープできればKYさん念願のイカ刺しがたっぷり食える、めでたしめでたしということで、キス狙いに転向することに。森戸沖の10mラインに向かった。
0607230106072302続きを読む

釣果報告5

キス狙いで森戸海岸沖(通称アサヒビール沖)の10mラインに移動。KYさん船酔いのため、短竿に片天秤、青イソメをキス針11号に掛けてあげて、真下に落とした後、自分の仕掛けを用意していたら、KYさん「な、なんだ〜」見ると竿が折れそうに真下に突き刺さっているではないか。必死にリールを巻くが糸が出て行く。リールのドラグを締めなおしあげて、鬼のようなアタリに耐えてようやく上がってきた・・白い腹が見えたのでまたアカエイ?と思ったが、出たぁぁ〜ヒラメ!。タモ入れする間もなく抜き上げた。11号のキス針はしっかりと下顎にかかっていた。よくもまあバラさずに上がってきたものだ。興奮と喜びから我に帰ると「もうこれだけ釣ればいいや〜 帰って刺身喰おう」と、キスはもうどうでもよくなって、大漁旗が意気揚々とたなびくような気持ちで逗子海岸に帰港した。今日はわずか2時間弱の釣行でこれだけの釣果!
家に帰ってからお刺身パーティー。マルイカは大きめのものをお刺身に。小さめのイカはバジル炒め。それでもまだ数匹残っているので明日以降のおかずに。ヒラメは、およそ45cm、900グラム。この大きさだとまだ「ソゲ」と呼ばれるクラスのようだが、3人ならこれで十分すぎる大きさである。必死になってなんとか下ろして、分厚い身は薄く切ってお刺身に。肝は、さらっと熱湯にさらし醤油と和えて肝醤油。刺身を肝醤油でいただくとこれがまた美味。アラは味噌汁に。少々生臭さが残ったが、いや〜美味しかった。これだけ食べてもまだ身がサクで残っているので明日のおかずに。さて、贅沢な夕食の後、逗子駅前のスーパー「スズキヤ」の鮮魚売り場に行くと、天然ヒラメの切り身が80gで1700円!(100g1980円)、ということは今日の夕食の刺身は5000円クラスか〜とさらに満足した次第。KYさんご馳走様でした。06072303

ピザ3

葉山一色の住宅街にある「Pizzeria Viva Vita」でランチ。石窯で焼いたアツアツピザをいただける。私はピザの味にこだわりは無いので十分おいしかったが、妻は「フツー」だったらしい。0607220106072203

えだまめ収穫1

天候不順でこれだけっす・・06072201

逗子海岸花火大会5

今日は逗子海岸花火大会。朝から雨だったので本当にやるんかいという感じだったが決行の知らせ。開始時刻の20時過ぎに海岸に着くと例年に比べて大幅に人が少なく、最前列の波打ち際でゆっくり見物できた。誰も今日決行だとは思っていなかったので場所取りの人々もほとんどいなかったようだ。ちょっぴり肌寒くビールの売れ行きも悪そう。1時間で4000発とこじんまりとした花火大会だが、海から上がる花火を砂浜に打ち寄せる波の彼方に見えることができるところが良い。0607210106072102

終電です

356eff0b.jpg疲れた

金曜日は3

所用のためさっさと退社します。

オッパイ スッテェェ〜5

0d21c98f.jpg「オッパイスッテ」とは、イカ釣りに使うスッテと呼ばれる擬似餌針(つまりルアーのようなもの)の新製品で、触るとぷにぷにとやわらかいのが特徴。試しにひとつ買ってみたので、次回マルイカ釣りの際に試してみる予定。スッテ業界では一昨年、「エロチカ7」と呼ばれるストッキング素材を巻いた製品が大ブレイクした。これは漁師が港町のスナックのホステスのストッキングのふくらはぎから足首のラインがスッテに似ていることからヒントを得たらしく、いろいろな模様入りのバージョンが発売された。実際、先日の釣りではピンクのハートマーク柄のものに若イカが抱きついてきた。単なるエロギャグ製品ではなく、高い釣果を上げているところがすごい。スッテはそもそもイカの好物の小魚を模しているのであって、ストッキング美脚やオッパイと思って抱きついてくるのではないだろうが、果たしてイカは脚フェチなのか、オッパイ星人なのか、次回釣りで試してみたい。

五反田TOC3

063a90c3.jpg夜勤明けの帰路、五反田駅前から無料送迎バスに乗って五反田TOC(東京卸売センター)に行った。実はここ、勤務先から歩いて10分くらいなのでときどき昼休みにのぞいている。もともとは展示会や問屋が集まっているビルだが、ユニクロやABCマート、オフィスデポ、アカチャンホンポ、フィッシャーマン(釣具)など一般の小売テナントも入ってるのでなかなか見ごたえがあってしかもお買い得。軽く買い物をしながら、小売をしていない卸売業者のフロアも丹念に見て回った。衣料品関連のほかにインドや中国の雑貨など怪しげなインポート業者が並びミラクルワールドに浸っていたら夜勤明けのヘロヘロ感がどっと押し寄せてきた。

釣果報告1

かねてからの懸案・友人KYさんにイカ釣りを体験させるため、朝7時に波の様子を
見に行って、大丈夫そうなことを確認した上で、朝9時30分に逗子西浜に船を転がした。
浜についたらなんと高波が入っているではないか。風は弱く、沖は凪っぽいが、うねり
が浜には高波となって来ている。波はセットで入ってきているので
ディンギーやジョットが間合いを見計らってエントリーしているが、これはちょっとキツイ、
今日は帰ろうと思ったら、あれ〜、波が落ち着いてきたみたい、これいけそうだねぇと
エントリー準備。船を浮かべていざエンジンスタート、と思ったら、ドドーっと腰くらいの
波が船首からカブって、船内が水浸し。エントリー時にこうなると排水が非常に難しい。
箱メガネをバケツ代わりに排水、腰から下はずぶぬれというトホホな状態で出航断念と
なった。コマセを解凍していたので、気を取り直して葉山港サビキ釣りに予定を変更
したものの、コマセまいても潮止まり、群れはなく、まったく喰わず。これまたトホホで
あった。

釣果報告3

今日は風が無いのに、はるか彼方にある台風4号の影響でうねりが入っていて
海岸は波が高く出船はあきらめた。夕方、アミコマセ1/4とサビキ仕掛けを持って
葉山港へ。豆アジとウミタナゴをゲットし、晩ごはんのおかず(アジフライ)にした。
今週末は逗子の亀ヶ岡八幡宮のお祭りで、商店街は大賑わい。街はすっかり夏
モード。

携帯から投稿テストです

テスト

さきたま古墳群4

埼玉県行田市にある「さきたま古墳群」。確か中学校1年の夏?に浦和から自転車で行ったことがある。世界遺産はちょっと言いすぎでしょ。
20060708012006070802※きょうは時間がないのでこれのみ。

三味線 民謡の宴4

逗子文化プラザ大ホールで入場無料の民謡の宴があるというので行ってみた。逗子に結構有名な三味線のお師匠さんがいて、その門下の発表会と一部プロも参加、朝10時半から15時過ぎまで休みなく民謡の連続。さすがに全て聴くのは厳しいので、朝1時間、昼1時間くらいの鑑賞にした。三味線・笛・太鼓・唄が生で見れたのは非常に良かった。特に津軽三味線はテクニックに感涙モノ。客層は全てジジババ(笑)0607020106070202

地震雲?1

少し前から7月4日大地震説があるが、今日の夕方は「おおー地震雲だ」というような雲が広がっている。関連の地震予知サイトでも話題もちきり。0607020306070204

釣果報告3

今日は小雨が降る中、イカ狙いで14時-17時で出船。通りがかりでご近所JSさんに乗船いただき名島周辺へ。イカ狙いに並行して青イソメでキス狙い&キス生きエサで大物狙い。JSさんのキス狙い竿に強烈あたりあるも残念バラシ。なんだったんだろう??。私は森戸沖15mくらいのところでチビイカ2匹ゲット。その他キス10匹くらい。帰ってから、2匹のイカの目の色が違うことに気づいた。一方はマルイカではなく、アオリイカの子供と判明。刺身にして食べ比べたが、マルイカは甘く歯ごたえがあるが、アオリイカはねっとり系。小さくてもイカそれぞれの特徴ははっきりわかる。キスも良型をお刺身に。0607010206070101
アクセスカウンター

CURRENT MOON