2006年09月

鹿島田3

南武線鹿島田駅から横須賀線新川崎駅への知る人ぞ知る乗り換えを久々に敢行。相互の距離は600m。鹿島田駅前には小さな商店街があって「神奈川県指定銘菓 鹿島田の塩煎餅」が名物らしい。土産に買ったがお味はフツー。
0609300106093001

ドイツ料理4

前からちと気になっていた鎌倉由比ヶ浜のドイツ料理屋さんに行った。なんでドイツかと言うと、暇を見つけて書き足している今月前半のヨーロッパ行以降(仕事の出張です)、マイブームとなっているのである。このお店、開店は1957年というから今年で49年になるそうだ。見かけによらず店の中はカジュアル。おばさんはドイツ人らしい風体だが話す言葉は日本のおばさん風。過去紹介された雑誌の記事が額に入っているが、これがまた1978年のananだのJJだの、1973年の週間ポストだの茶色く変色していい感じ。その記事を読み解くと「ドイツ人の3兄弟がはじめたお店。ドイツ風ではなくドイツそのものの味が自慢」のようなことが書かれていた。メニューは確かにドイツ料理ばかり。ベルリン名物アイスバインまである。ビールもドイツで見たようなジョッキと注ぎ方。ドイツで「ドイツ風料理」を食べたばかりの自分にとっては、どこまでホンモノかは判断が難しいが、気分は十分味わる。そもそもドイツはビール飲んでナンボ、ということもあるので、車で行ってビール飲めないのではちょっと厳しいね。
060923050609230206092301

飛行中5

飛んでます
0609030106090302

つづき

続きはヒマなときに書きます

ベルリン初夜

ドイツ・フランクフルトでルフトハンザにトランジット。ベルリンのテーゲル国際空港に着いたのは22時前だった。日本との時差は7時間(サマータイム)だから成田を発ってから16時間近く。ホテルは旧西ベルリン時代には最も繁華であったというクーダム通りに面した"Hotel Am Zoo".
"Zoo"は"ツォー"と発音するらしいが、そのものズバリ動物園のこと。近くにドイツで最も歴史の古い動物園がある。ホテルは決して高級ではないが1950年代からの営業らしく古くて重厚。早速、ホテルの前のバーでポテト・ソーセージをおつまみにビールで乾杯。3日間のベルリン生活が幕を開けた。
06090401

魔窟3

逗子のスーパーキングストアの2Fは衣料品「長崎屋サンバード」がテナントとして入っているが、その奥に飲食店が入っている。まるで魔窟のような場所。今日は「CowBell」でランチ。味は普通だが店内は適度に薄暗く居心地がよいので、一度入ったら出てこれなくなるような不思議な風情の店である。06090201
アクセスカウンター

CURRENT MOON