bfd3facd.jpg約1年ぶりに浦和の街(浦和駅周辺)に行ってみた。無印良品が入っているはずの浦和パインズホテルの地下駐車場にに車を止めて店に行くが、エレベーターの店舗案内に無印良品の文字が無し。いや〜な予感でフロアに向かうとそこはモヌケの空。移転案内も無い。おいおい夜逃げか?
そういや今年10月に浦和PARCOが開店したのを思い出しケータイで確認するとやはりその通り。なんだよ無印の買い物でもらえる無料駐車券狙いで駐車場入れちまったじゃねえかよ〜と思いながら、イトーヨーカドー前の地下道くぐって東口に出る。いやーーそれにしても浦和の街はサッカーの優勝とやらで、「赤い人達」が多いねえ。店はどこでも優勝セール、街のイルミネーションまで赤じゃねえか。浦和駅の高架化工事はかなり進んでいるようだったが、浦和駅東口の駅舎は相変わらずまだそのままだった。それにしても浦和駅の高架化やPARCOの建った東口の再開発は俺が小学生くらいの頃から話があったから30年以上のプロジェクトですな。東口といえば、いちおう県庁所在地の国鉄の駅裏とはいいながら、道は狭く店や家がごちゃごちゃ密集した商店街があって、都内の私鉄の各駅停車しか止まらない駅のような雰囲気だった。パチンコ屋「パチンコかめ」や、名前は忘れたが東口駅前のクリームソーダやパフェが似合う喫茶店で初めて「スペースインベーダー」を見たことなどが懐かしく思い出された。そんな街もすっかりサッカー一色になってしまい、さびしい限りである。